六法全書

​業務案内

取扱い業務について

裁判

●民事
民事全般、訴訟、契約等文書の作成・チェック、契約締結交渉、示談交渉、調停、債務整理、債権回収、売買契約に関する民事訴訟(民事事件)、不動産契約に関する民事訴訟(民事事件)、リース契約に関する民事訴訟(民事事件)、保全命令申立事件(仮差押、仮処分)、強制執行、交通事故、学校事故、建築・内装紛争、借地借家関係、慰謝料、損害賠償請求事件、医療過誤、名誉毀損、欠陥住宅、その他

●家事
家事全般、離婚、財産分与、慰謝料、親権・養育費、親子・親族間紛争、後見、扶養、相続・遺言、遺産分割、その他

●商事
商事全般、コンプライアンス、会社更生、破産、債務整理、税務相談・調査・訴訟、M&A、役員会・株主総会の指導・立ち会い、会社紛争の処理、手形・小切手訴訟、労働法、不正競争の差止・賠償請求、その他

●刑事
刑事全般、訴訟、捜査段階の刑事弁護、公判段階の刑事弁護・控訴・上告、告訴・告発手続、保釈手続、その他
●その他
少年事件、行政事件、知的財産権、生命保険に関する相談・訴訟、損害保険に関する相談・訴訟、金融法務、その他

​主な業務のご案内

法律
相続案件

●遺産分割
・相続人で遺産の分け方、話がまとまらない。又はどう話を進めてよいか分からない。
●遺言書を作成したい
●遺言書の内容に納得がいかない
●相続放棄

相続案件には
(1)遺言をせず亡くなられた方の遺産をどう分けるかという案件(遺産分割)
(2)遺言をした方が亡くなられた場合の遺言内容の実現(遺言執行)
(3)遺言内容に不満のある相続人が最低限の権利として遺留分を請求するという案件
(4)相続をめぐる問題が生じないようにするため,生前に遺言を作成するという案件

(5)相続をしたくない場合に,家庭裁判所に相続放棄申述を行う。
などがあります。

特に遺産分割の場面においては,身近な親族を亡くした悲しみに加え,相続についての話合いが全く進まないことにより,多大な精神的ストレスを抱える方がいらっしゃいます。

そうした場合,弁護士からの意見やご提案,アドバイス等により,解決の糸口が見つかることが多くあります。
 また,仮に話合いによる相続内容の確定が望めない場合には,状況に応じ,適正な遺産分割を実現するため,民法の諸規定にしたがった専門的な主張立証を裁判所にて行うという選択肢も出てきます。

当事務所においては,兄弟間,親子間の相続などをめぐる案件について,依頼者様の思いを丁寧にお聞きしつつ,適正な解決のために最善を尽くしています。
また,当職が担当した案件のうち,話合いによる解決がどうしても図られず,裁判所に舞台が移った案件においては,依頼者様の亡き父への貢献を主張立証し,それが認められて法定相続分以上の取得が認められた事案もあります。

当事務所では,遺産分割をめぐる案件のほか,遺留分をめぐる案件や,遺言書の作成,相続放棄の申述などにも積極的に携わっており,生前からの相続対策にもお力添えをさせていただいています。

法律
交通事故

●過失の割合に納得できない、又は相手方が主張する過失割合が正しいかどうか分からない
●相手方保険会社の対応や提示金額に疑問がある
●休業損害請求や慰謝料請求について

普段,何ら法的な紛争に関わることのない方も,突発的に遭遇する交通事故については,否応なしに巻き込まれることがあります。そして,交通事故が生じた場合には,人身損害と物的損害について,事故の発生原因と責任割合に応じて,損害賠償請求を行い,また損害賠償請求を受けるということになります。

交通事故案件については,事故状況について,当事者双方の言い分に食い違いが生じるケースも多く,事故状況が過失割合をめぐる争点となります。また,事故状況に争いがない場合であっても,損害の程度がどの程度であるかという点をめぐり,当事者双方の見解が食い違う場合も多くあります。

損害額の算定にあたっては,裁判上認められうる金額も想定した上で,正当な賠償請求額を提示していく必要があります。

その賠償額を決するにあたり,裁判による解決は望まないというご意向の方については,そのご意向を十分に踏まえ,適宜書面を起案して,話合いによる解決を探ることとなります。

また,仮に裁判となった場合には,裁判所に事故状況等を正確に理解していただくため,証拠に即して当方の正当性を明らかにすることとなります。当事務所では,物損・人身の別を問わず,これまでに交通事故案件を多く担当してきており,話合いによる解決をめざすか,裁判による解決をめざすかという点についても,依頼者様のご意向に沿った解決を目指しています。

法律
離婚事件

●離婚したいが同意してくれない
●離婚に伴う財産分与や養育費について
●相手方に慰謝料を請求できるのか
●離婚後の親権、生活が心配

「結婚することは簡単であるが,離婚をすることは大変」ということが言われます。離婚に際しては,未成年者がいる場合には親権者を定める必要があります。このほか,離婚までの生活費(婚姻費用),離婚後の養育費,慰謝料請求の可否及び金額,婚姻期間中に築いた夫婦の財産の清算(財産分与),年金分割などの様々な法律問題も生じます。

これらの問題を早期に適切に解決することが,当事者にとって重要となります。
当事務所では,これまで,依頼者様が夫側,妻側のいずれも,様々な案件について担当してきました。

女性の方からのご依頼案件については,婚姻費用,親権,養育費,慰謝料,年金分割,面会交流等,離婚に伴い浮上する様々な事項について十分な請求を行うとともに,ご依頼者様のご意向を丁寧にお聞きし,お子様の健全な成長にも配慮しております。

また,男性の方からのご依頼案件については,特に親権については,一般的には夫側が親権を獲得するのは難しいとされていますが,当事務所においては,事案の内容を踏まえつつ主張立証を尽くし,夫側が親権を取得するという判決を獲得した実績もあります。親権以外の事項についても,相手方からの請求内容をよく吟味し,より良い解決を図ることに尽力しています。

法律
会社法務

会社は,会社の内外で様々な活動を行い,様々な法律との接点を持つこととなります。対外的な取引,労務問題,個人情報保護,取締役会や株主総会,各種行政規制への対応など,会社が対処すべきことは膨大な量にのぼります。こうした諸問題について様々な法律が関わり,会社は法令遵守のため,さらには一層の発展のため,各法律への理解を深めていくことが重要となります。

会社法務については,
(1)各種契約書のチェック
(2)契約上のトラブル解決
(3)売掛金などの各種請求
(4)労務問題への対応
(5)クレーム対応
(6)対行政庁への対応やコンプライアンスの整備,等に携わっております。

特に,クレーム対応については緊急性が特に強く,当事務所は,事案を冷静に分析した上で,細心の注意を払いつつ,初動を迅速かつ適切に行うことにより,事態の深刻化を未然に防止することに最善を尽くしております。

法律
その他一般事件

●貸したお金が返してもらえない
●家を賃貸しているが,賃料を支払ってもらえないので,賃貸借契約を解除して明渡しを求めたい
●子が有料サイトを勝手に利用して,高額の請求がきた
●交際解消後,相手方から高額の慰謝料の請求がきた
●中古車を買ったら,欠陥があった
等,様々な案件があります。こうした諸問題についても,当事務所では裁判も含め,数多くの担当実績があります。

それぞれの分野について,お話をよく伺った上で,そのお話を裏付ける証拠や状況証拠があるかどうかを丁寧に検討し,必要に応じて訴訟提起を行うこととなります。
なお,請求を受ける立場となる場合には,相手方の請求内容と根拠をよく見極めた上で,請求を排除できるよう積極的な防御活動を行っています。

法律
多重債務、破産、個人民事再生

当事務所では,数々の任意整理や破産申立て,さらには破産管財人を担当してきた経験も活かしつつ,事案に応じた最適な手続き選択をするとともに,迅速かつ誠実な手続きを行っています。

多重債務案件においては,現実の返済能力を適切に把握したうえで,過払金の有無を調査した上,任意整理,破産申立て,民事再生申立てなど,適切に方針を決定することを心がけています。また,破産申立てにおいては,裁判所や破産管財人から特に指摘を受ける事項を予め予測して準備しておくことにより,スムーズな破産手続きの遂行を達成しています。

法律
刑事事件

当事務所では,逮捕勾留された方の弁護が中心となっています。捕まったご本人はもちろん,そのご親族も非常に動揺しておられるケースが多く,早期に解決することが望ましいことは言うまでもありません。

当事務所は,刑事事件が,処分決定までの時間が極めて限られることを十分に認識し,捜査機関に対して争うべき点があるかどうか,情状酌量を求めるべき点がどのような点であるかを速やかに見極めた上で,早期の身柄釈放を目指して積極的な弁護活動に取り組んでいます。